武力国に攻め込めるかの問題=武力侵攻問題ですが前は安部も中谷もできると言っていたんです。


此の法案が国会審議の初期は、一切の武力行使はしないと言っていたんです。


それがB国がA国に攻め込んでB国に攻撃するにどこで戦うかで武力攻撃をしなければ存立が危ないのだからB国に攻め入るになったんですが。


いつの間にか今度はできないになったんです。今度はA国領内に入り込んでそれがどうも昨日あたりは後方支援に変わったんです。


ココらへんがさっぱりわからない何を聞いても年中答えが違うんですよ。


何のための法律なのかわかりますか。専門家諮問会議など一切会議などしていないのです。


全部がアメリカのガイドラインを成立させるための茶番法案だからです。自民党が実はアメリカの犬政党だからです。わんわんわんと騒ぐスピッツだのブルドックだのポラメシアンだの雑種です。